☆フッチボウな人生 -vida de futbol- 2018.10.21☆

こんばんは、みふねです。

サッカー人生の中で、もっとも大事なことのひとつに

どんなコーチ、先人たちと出会えるか、

これが非常に重要だと私は思います。

よく耳にする言葉の中に、「本人の努力次第」

「本人がどれだけ頑張れるか」

ってありますけど、10歳~18歳くらいの少年が

自分から考えうる事、イメージできることって

ほんのわずかなことです。

前にも書きましたが、サッカーは経験値がものをいいます。

その世界の経験値豊富な先人たちから盗む、まねることが

とても大事なことです。ジュニア選手たちには、いまはよく分からない

ことも、あとから、自分のレベルが上がっていけば、そのときに

分かります。

険しい山を登るなら、案内人がいるのと、いないの差は大きい。

知らなければ、頑張りようもないし、間違った道を頑張って

登れば、大変なことになります。

信頼できる、魅力ある、夢を感じさせる案内人になりたいと思う。

 

南米の子たちは、毎日のようにテレビでスター選手たちの試合を

見て、真似してプレーし、誰かに教わることなくうまくなります。

テレビの中の選手と、近所の元選手のおっさんから技を盗んでいるのです。

僕自身のサッカー人生も、運よく、いつもいい指導者と出会うことができました。

小学生時代から、植林コーチ、上野先生、内海先生、福島先生、

みなさん、ホントにサッカーに情熱ある方々でした。

そして、僕のサッカー人生を変えた今野英一さん。

彼と出会うことがなければ、その辺のサッカー少年と変わらずな人生だったと

思います。

サッカーを追及することは、ホントに楽しいし、自分を豊かにしてくれると

思います。まだまだな30代後半ですが、必死に楽しくボール蹴っていきたい

とおもいます。    ryoma mifune