☆フッチボウな人生 -vida de futbol- 2019.1.6☆

こんばんは、みふねです。

2019年スタートしました。

この歳になっての1年はあっという間ですねー

こんな感じで10年、20年ってあっという間ですね、きっと。

ジュニア選手たち(小学生・中学生)に関わりだして数年が経ちました。

ホントに思うことは、ボール、フットボールは噓つかないなーって。

サッカーは、相手あってのスポーツで、相手の裏をかく(騙す)ことが

本質的な競技性だと思う。相手を知ること、感じること、相手と勝負するため

に自分を知ること、すべては試合で相手より多くゴールを奪い、勝つためだ。

試合で勝つために、いいプレーをするため、に練習する、、

サッカーの試合中、止まらない時間の中でその瞬間、瞬間の状況で自分で判断し

、自分で決断する。これが求められる。いくらいいボールを蹴れても、

いいコントロールができても、足が速くても、その状況にあった判断と選択が

できなければサッカーはできない。

サッカーが巧くなるためには自分で判断し、自分で決断できる能力がなければ

いけないということ。この能力を鍛えることが、サッカーが巧くなることに

直結するんじゃないかと思っています。

では、これは誰がどう教えるのか、、

 

まわりの環境、だと僕は思います。正解かはまだ分かりませんが、、

コーチや親や先生たちがあーじゃない、こーじゃない、言ったり

あーしろ、こーしろ、言ったり、日本的な暗黙の常識的な教育だったり

 

感受性豊かだけど、経験値の浅い子どもたちです、適応力の高い子ほど

影響を受けます。僕ら大したことない大人が頑張って何か与えようと

するとダメなんです。試合という戦いの中で彼らは何かを感じ、

自分を磨いていくのです。だからこそ、グランドのそとで、

自分で判断し、決断する練習をし、習慣つけないと、グランドの中で

戦えるわけないんです。まわりの大人がちゃんと放ったらかすこと

が必要なんじゃないですかねー

今年も気が向くとき、気持ちがあるときにブログを想うままに

書いていこうとおもいます。 ryoma mifune