☆フッチボウな人生 -vida de futbol- 2019.7.12☆

こんばんは、みふねです。

「サッカーは遊びが原点」これは絶対だと思う。

大人が子どもの遊びに入り込んではいけない…

子どもたちは遊びのなかで、より楽しくなるように発想が

生まれ、アイディアが出てくる。それこそがとても重要なこと。

大人がこうやって遊べ、ああやったら楽しいぞってイチイチ言ってたら

子どもたちは冷めるよね、、ってのはみんなわかると思う。

だから僕らは、子ども心に戻って、彼らとガチでボールを蹴る。

「大人げない…」なんて言葉は、すべてをダメにする。。

サッカーがうまくなるために一番大事なのは「遊びこころ」

これを失っていく子たちがほとんどで、持ち続ける「変わった子」が

サッカーの世界で生き残っていく。

小学校、中学校年代での評価は、基本あてにならない。

評価する人たちがあてにならない人たちだから。

ホントに花を咲かせないといけない時期はもっと後だ。

「鈍感力」とは大事なもので、流されずに本質的に大切なことを

貫く覚悟がとても大事だなとおもいます

RyomaMifune