☆フッチボウな人生 -vida de futbol- 2019.7.23☆

こんばんは、みふねです。

最近書きたいネタがたくさんあるんだけど、僕のキャパがついていきません…

少しずつ書いていきます…

久保建英、日本人がレアルやバルサに、、

いまはそんな時代になったんだと思います。

ある意味では、ピッチの中だけで判断される時代でもなくなったとの見方も。。

レアルが払う彼の年俸はもう十分にペイしたんじゃなかろうか。。

でも、そんなことはどうでもよくて、彼には頑張って結果を残して若いサッカー

少年たちに大きな夢を与えてほしいですね!!

2年くらい前の写真だけど、この右腕を見たときに

彼が海外育ちの選手だなーと思ったのを思い出した。

完全に抜いた選手を意識して腕を伸ばしガードを張ってる。

日本で育つ選手にはない感覚だと思う。

世界で戦うためには絶対必要な技術。

 

でも。上の今の写真はちょっと力入りすぎてる気がするが…

 

いま若くして世界でサッカーで勝負してる少年たちが増えてると思うけど、

久保や中井以外のまだ日本で知られてない選手たちに是非活躍して出てほしい

なと思います。スポンサーや知名度に頼らず、着実に力をつけて成長してほしい。

現実に、海外で戦っていたら絶対成長すると思うから、あまり飛び越えず

確実にステップアップしてほしい。

そして日本のジュニア選手たちは、早く世界的なサッカーを感じることが大切だし

イメージを持つことが先決だと思う。

このユベントスキャンプセレクションの福岡の窓口を今回担当するのだけど

早くも多数の問い合わせをもらっていて、鹿児島や島根など遠方の人たちも

参加するとのことで、今のジュニア選手たちの意識(夢)の高さ、情熱を

感じています。いまの結果がどうとかでなく、もっともっと先に花咲かすために

いまを大切に生きる。

僕自身も熱くなる想いです。

ジュニア選手たちにはどんどんチャレンジしてほしい。

今のこの時代をうらやましくおもってしまう僕がここにいる…

Ryomamifune