☆vida de futebol 2016.4.7☆

Exif_JPEG_420

 

こんばんは☆三船です!

サッカーのコーチという立場になって約3年、いろんな感覚が

自分の中で変化していっています。

もともと、人見知りだし、人前で話すのも好きじゃないし、

他人に興味をあまり持てなかった私ですが、サッカーへの想いは

人一倍。いい選手をつくりたい!そう常に思っています。

プレーヤーとして追求してきたことを他人に伝えるのはすごく

難しく思えます。この3年、ジュニア選手たちとトレーニングしていると

その伝え方を選手たちが教えてくれてる気がします。

すこしずつですが、感覚を言葉にでき、それがさらに感覚を磨いてくれてるようにも

思えます。ひとつひとつのプレーには、意味があって結果がある。

コントロールするときの足の角度、身体の体勢、ボールの置き位置、

細かな調整がプレーをレベルアップさせます。

ゴルフやテニスでは、ボールを打つときにいろんなポイントを細かくチェックして

修正してトレーニング行うと思いますが、サッカーにもそういう視点が

必要だと思います。プロになってから、パーソナルトレーナーとやるんでなく、

ジュニア年代から、ファームの見直しや細かな身体の使い方をトレーニングする

ことでしか、技術は身に付きません。

ジュニア選手たちにとって、いま必要なことは何かをもっともっと追求していきたい

と思います!