☆フッチボウな人生 -vida de futbol- 2018.12.02☆

 

 

こんばんは、みふねです。

日々勉強、目新しいことじゃないことに

大切なメッセージがあったりする。

この雑誌は毎月、日本サッカー協会から送られてくるもので、

しっかり読むと意外といいことがある。

正直日本のサッカー、サッカー協会にあまりリスペクトしてない私ですが、、

この雑誌の中身には、毎月期待しています。

今回も改めて刺激を受けました。やはり、読む側、受け取る側の準備が

大切なのだと再考させられました。

「子どもたちにはフットサルから入ってほしい」

協会側のメッセージは無視して、ブルーノ・ガルシアのメッセージは

考えたい。

そういえば、僕もブラジルでは、ジュニア(10歳以下)の子どもたちが広い

グランドでサッカーをしているのをあまり見た事がない。

ほとんどが、道端かコンクリのフットサルコートだった。

狭くてもゴールが常にあることがサッカーにおけるセンスを生み出すのか、、

フットサルは、スペースを作って使うことが大切なような気がする。

フットサルの専門家ではないが、そんな気がする。

常にゴールからの逆算が大事でいいシュートを打つためのスペースを

創ること。子どもたちにフットボールの競技性、スキル、マリーシアを

感じてもらうには一番効果的なのかもしれないなと。

ブラジルやスペイン、サッカー大国に学ぶことはたくさんある。

学ばなくても生きていける日本だけれど、世界にチャレンジしたいし、

もっと成長できる自分になりたい。サッカー界での自分のポジションを

掴みたいと思う。  ryoma mifune