☆ワンデー強化キャンプ・総評☆

20180106202650

1月5日 フクオカーナワンデー強化キャンプ

開催しました!

今回は直前の体調不良・インフルエンザ等で残念ながら参加できなかった

選手が5名ほどいましたが、全体で31名の選手たちとトレーニングしました。

3・4年生、5・6年生の2カテゴリーで、1日4本のトレーニング、

1時間の講義とかなりハードな内容にしましたが、

みんな良い顔で取り組むことが出来ました。

フクオカーナでは、小学生年代のうちに身につけたい技術、考え方を特に

大切な要素としてトレーニングします。

早熟で、器用な子が目立って活躍する年代ですが、それもある時期から

状況が変わってきます。中学2、3年ではそういう子たちが伸び悩む現状。

理由は簡単で、大切な基礎技術を身につけていないからです。

それは、身につける必要性があまりなかったからということでしょう。

サッカーとはボールをゴールに入れるスポーツです。ボールをうまく扱える

(コントロールできる)ことが大前提です。

ボールを蹴ること、転がすこと、弾ませないこと。

基本中の基本は徹底しないといけません。

小学生年代でこのことがあまり重要視されていないような気がします。

Jリーグの試合を見ても、ボールが浮いてる、弾んでる時間が長い。

ボールは丸いのだから、素直に扱えば良いだけなんです。

それと夢に対する想い、自分を信じきること、ひと(大多数)が言うことを

聞かないこと… 私たちスタッフの過去の経験、体験を

みんなに話しました。決して夢に対する道は一つだけではないこと。

ここ、フクオカーナから多くの選手たちが自分の夢に向かって進んでいくこと

を期待しています。

次回の合宿、選手たちの成長を楽しみにしています☆

フクオカーナジュニア 三船