☆フッチボウな人生 -vida de futbol- 2017.5.15☆

IMG_7610

 

1U7A022222222222222

 

こんばんは☆みふねです。

今年度4月から、毎日のようにコートで選手たちと一緒にボール蹴っていますが、

改めて、フクオカーナジュニアアカデミーとは、というものを考えてみました。

このクラブを設立した目的は、「サッカー選手を育成すること」

「サッカー選手が生まれる環境をつくること」こそが僕の使命だと考えています。

サッカーはそもそも遊びだと思うが、この世界で生きていきたいと思った瞬間に

遊びではなくなるという、、、その境目が非常にむずかしい。

僕がフクオカーナジュニアアカデミーで本当に伝えたいことは、

その世界で生きていくために身につけておいたほうがいいこと、なんです。

1つ目は技術力。

どんな業界でもプロは、まず技術(能力)。技が他人より優れてないとプロではない。

だからサッカーでも、一番大事なことは技術。技術ありきで他の要素が生きてくる。

僕が大好きなイチロー選手も「技術だけが自分を助けてくれる」と書いてます。

自分の技術力向上のための取り組み(練習)をもっとしなければいけない。

2つ目は、また次の機会に。

僕は小学校3年生からサッカーを始めて、18歳で高校を卒業するまで

本当にサッカー漬けで、必死にやってきました。18歳で師に出会い、

本物のサッカーをブラジルで味わったとき、それまで自分がやってきたことが

何の役にも立たないんだと絶望的な思いになりました。

でもその反面、もっとうまくなれるんだと思うこともできたから、いまの

自分が有るんだと思う。

今考えても、やっぱりもっと早くブラジルに行きたかったと常々思う。

5年以上は無駄にしたな…とさえも。

いま出会うサッカー少年たちに僕の経験を活かしてほしい。

もし本気でサッカーの世界で生きて行きたい奴がいたら、僕も本気で

彼とボールを蹴りたいとおもう  Ryoma Mifune

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1